当事務所の相続・遺言書専門サイト【埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com|行政書士鈴木法務事務所】はこちらから

終活についてのコンテンツ一覧

終活

葬儀などを生前に自分で決めておく生前契約

近年、いわゆる一般的な葬儀ではなく、音楽葬や友人葬といった個性的な葬儀をしたい、というニーズが増えているようです。 もし、自分がこのような葬儀を希望する場合には、遺言書などで意思表示をしておくことも可能ですが、実際に葬儀を執り行うのは家族です。 ですから、もっと確実に自分の希望を実現する...
終活

尊厳死宣言書とは?~望む人の意思を尊重するかどうか

もし、自分が事故や病気などで回復の見込みがない状態になってしまったときのことを考えてみましょう。 『とにかく1分、1秒でも長く生きていたい』と思うか、『苦痛を緩和する治療以外は医学的な措置をせず、自然な死を迎えたい』のどちらを選択するでしょうか。 その答えはどちらも正解であり、死生観は人...
終活

終活におけるエンディングノートの役割について

エンディングノートとは、自分の人生をどのように締めくくるのかを考え、自分の意思や希望を書き記しておくためのノートなどの総称です。 遺産相続の分割方法などを決め、法的な効力が生じる遺言書とは異なり、エンディングノートの書き方、形式は自由です。 そのため、遺言書のように書式や形式にとらわれる...
終活

生前の相続対策~葬儀費用などの確保

被相続人(亡くなった方)名義の預貯金口座は、一般的に相続人が銀行に知らせることで凍結されます。 ですから、基本的に相続人が銀行等に知らせない限り、口座は凍結されません。 しかし、金融機関の営業担当などがお通夜や葬儀などを確認した場合や、顧客などから死亡したことを知らされるなど、何らかの形...
終活

生前の相続対策~金融機関の口座はできるだけまとめましょう

相続の手続きでは、被相続人(亡くなった方)の口座がどのくらいあるのか、といったことを確認する必要があります。 当事務所にご依頼された相続手続きの中にも、多い方で銀行に10行以上の預貯金口座があることが珍しくありません。 しかし、銀行口座が10行以上ということになってくると、それぞれの金融...