当事務所の相続・遺言書専門サイト【埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com|行政書士鈴木法務事務所】はこちらから

相続手続きについてのコンテンツ一覧

相続手続き

遺産分割協議書を偽造するとどうなりますか?

もし、相続人の中の一人が、遺産分割協議書を偽造・変造して相続手続きを行ってしまった場合、一体どうなるのでしょうか。 もちろん、そのような行為がもし発覚すれば、偽造・変造された遺産分割協議書は当然無効となります。 また、偽造した相続人には、当然のことながら厳しいペナルティが待っています。 ...
相続手続き

戸籍謄本と戸籍抄本、相続手続きに必要なのはどちら?

通常の相続手続きでは、相続人を確定、確認するために被相続人(亡くなった方)や相続人の戸籍が必要となります。被相続人のものは出生時から死亡時まですべての戸籍です。 そして、戸籍には戸籍謄本と戸籍抄本があります。 ちなみに、現在は戸籍謄本、戸籍抄本というのは正式名称ではありません。 戸...
相続手続き

少額預金口座の相続手続きは?~簡易な相続手続き

金融機関での名義変更や解約といった相続手続きでは、一般的に最低限、次のような書類などが必要となります(金融機関により異なります)。 被相続人の出生から亡くなるまでの戸籍 相続人全員の印鑑証明書(3~6か月以内に発行されたもの) 遺産分割協議書または金融機関所定の手続き依頼書...
相続手続き

遺産分割協議中の固定資産税は誰が負担する?

遺産の中に不動産がある場合、相続手続きや遺産分割協議が長引いてくると、被相続人(亡くなった人)名義で固定資産税の納付書が届くことがあります。 固定資産税は毎年1月1日時点の土地登記簿、建物登記簿、固定資産補充課税台帳に登記、登録されている所有者に課税されるものです。 そして、固定資産税は...