当事務所の相続・遺言書専門サイト【埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com|行政書士鈴木法務事務所】はこちらから

自筆証書遺言の書き間違えを訂正したいときは?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 遺言書

自筆証書遺言(全文を自書して作成する遺言書)を書いていると、うっかり文字を書き間違えてしまう、などといったことがあるかもしれません。

そのような場合、間違えてしまった箇所を訂正することは可能です。

ただし、その訂正方法については民法で厳格に方式が定められており、その方式に沿った訂正方法でないものは、遺言書そのものが無効となってしまう可能性があるので注意が必要です。

民法で定められている自筆証書遺言の訂正は、以下のような方法で行うことになっています。

自筆証書遺言の訂正方法と手順の決まり

自筆証書遺言の内容を訂正するには、次のような手順で行います。

訂正の行い方とその手順について

  1. 内容を訂正する部分に、文字を加える場合は { の記しをつけ、削除や訂正の場合には『原文が判読できるように』二本線で消して正しい文字を記入する
  2. 変更した部分に、『遺言書の捺印と同じ印で』訂正印を押す
  3. 変更した部分の欄外に『本行○字加入○字削除』と付記する、または遺言書の末尾に、本遺言書第○項第○行目『○○○』とあるものを『○○○』と訂正した、などといったように付記する
  4. 付記した部分に署名する

自筆証書遺言の訂正方法というのは、内容の改ざんを防ぐなどといった目的もあり、このように厳格な方式が定められているのです。

民法第968条(自筆証書遺言)

自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。

2 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

自筆証書遺言の訂正はできれば行わない方が無難

自筆証書遺言の場合、書いている途中に書き損じてしまったり、書き終わった後に『やっぱりあそこは書き直したい』といったことが出てくるかもしれません。

しかし、もし書き損じや訂正したい部分がある場合には、できればもう一度最初から書き直すことをお勧めします。

遺言内容が長文になるようだと、書き直しは非常に面倒な作業となるかもしれません。

ただ、万が一内容の訂正方法を間違えてしまうと、せっかく作成した遺言書も無効となるおそれがあります。

また、訂正した部分があると、相続人同士で『誰かが改ざんしたのではないか』などといった疑念が生じ、トラブルに発展してしまう可能性があるかもしれません。

特に、重要となる部分を訂正しなければならない場合には、やはりもう一度最初から書き直す方がよいでしょう。

せっかく作成した遺言書です。無効になってしまったり余計な疑念を生じさせないためにも、面倒であっても訂正はしない方が無難ですね。

遺言書
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。
【事務所】〒350-1163 埼玉県川越市四都野台21-20 2F
【TEL】049-293-1091(10:00~19:00)

よろしければフォローしてください

相続や遺言書などに関連する最新の情報は埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blogで随時更新中です。こちらの記事もぜひご参照ください。

シェアしていただくと嬉しいです!
よろしければフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル