当事務所の相続・遺言書専門サイト【埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com|行政書士鈴木法務事務所】はこちらから

パソコンで作成されている遺言書で相続手続きはできる?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 遺言書
執筆時の情報等には万全を期していますが、その後の法改正等によりコンテンツの内容がすでに古くなっていることがあります。随時最新の情報へメンテナンスは行っていますが、修正加筆等が遅れる場合もあります。その点をご了承のうえ参考情報としてお役立てください。

自筆証書遺言の場合『全文が自筆で』書かれていなければ、法的に効力が生じる有効な遺言書にはなりません。

つまり、パソコンで作成された遺言書というのは無効ということになります(ただし、自筆証書遺言の財産目録部分に関しては、パソコンで作成されたものでも有効です)。

その他にも、自筆証書遺言については内容によって無効となるケースがいくつかあります。

ではパソコンで作成されているなど法的な不備がある自筆証書遺言を使って、相続手続きというのは行えないのでしょうか。

自筆証書遺言はまず家庭裁判所の検認を受けることが必須

まず結論から言ってしまうと、法的に無効となる自筆遺言書を使って各種の相続手続きを行うことはできません。

自筆証書遺言を使って相続手続きを行うためには、必ず家庭裁判所での検認を受けて『検認済証明書』を添付してもらう必要があります。

さらに封がされている自筆証書遺言の場合、相続人は勝手に開封することはできず、検認の際に家庭裁判所で開封してもらわなければなりません。

ということは、パソコンで作成されているといった無効な形式であったとしても、封がされていれば検認を受けるまでわからないということになります。

遺言書の検認は遺言書の有効・無効を判断するためのものではない

そして遺言書の検認というのは、作成されている遺言書の有効・無効を判断するといった手続きではありません。

あくまでも、遺言書の現況を保存するための手続きになります。

そのため、たとえ家庭裁判所の検認済証明書が付されたとしても、遺言書の形式が法的に無効なものであれば、各機関で相続手続きに応じてもらうことはできません。

もしパソコンで作成された遺言書が出てきた場合は?

パソコンで作成された遺言書が出てきてしまった場合には、その遺言書で相続手続きを行うことはできませんので、相続人間で遺産分割協議を行う必要があります。

遺言書の形式が無効である以上、相続人は遺言書の内容に従う義務はありません。

ですから必ずしも遺言書に沿った遺産分割を行う必要はなく、相続人間で誰が何をどれくらい相続するのかを決めることになります。

なお、パソコンで作成された遺言書が出てきたら、公正証書遺言を作成するための下書きであるといった可能性も考えられます。

ですから念のために、公正証書遺言が作成されていないかどうかも確認しておきましょう。

遺言書の検認は時間がかかる~遺言書はきちんと作成すること

せっかく自らの意思で遺産の分け方を決めたとしても、肝心の遺言書の形式が無効となってしまっては書かなかったのと同じことです。

また遺言書の検認は家庭裁判所に申立てをしても、すぐに行ってもらえるわけではありません。通常は申立てから1か月程度、長ければ2か月ほど待たされる場合もあります。

そういった意味でも、無効な遺言書を開封するために無駄な時間が生じないよう、遺言書は法的に有効な形式できちんと作成しておくようにしましょう。

自筆証書遺言を作成する際には、遺言書の作成に詳しい行政書士などの専門家と相談しながら作成するのが安心です。

また、法的に間違いのない遺言書を確実に残したいのであれば、公正証書遺言での作成をお勧めします。

遺言書
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。
【事務所】〒350-1163 埼玉県川越市四都野台21-20 2F
【TEL】049-293-1091(10:00~19:00)

よろしければフォローしてください

相続や遺言書などに関連する最新の情報は埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blogで随時更新中です。こちらの記事もぜひご参照ください。

シェアしていただくと嬉しいです!
よろしければフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル
タイトルとURLをコピーしました