当事務所の相続・遺言書専門サイト【埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com|行政書士鈴木法務事務所】はこちらから
相続の知識

相続人となる権利がなくなる~相続欠格とは?

相続欠格というのは、本来相続人に該当する人であっても、一定の行為を行ったことで相続権をはく奪され、相続人となれない場合のことです。 相続欠格については相続廃除とは異なり、家庭裁判所の審判等は必要ではなく、相続欠格の要件に該当した時点で当然に相続権を失います。 民法では、以...
遺言書

遺言書で特定の相続人に遺産を相続させないようにすることはできる?

遺言書というのは、被相続人(亡くなった方)が財産の分け方(遺産分割)をあらかじめ決めておくことができるものです。 そして、遺言書においては、特定の相続人に財産を相続させないという内容で作成することも可能です。 基本的に、遺言書というのは被相続人の自由な意思を最大限尊重するためのものだから...
相続の知識

相続における寄与分とは?

寄与分というのは、相続人の中に、被相続人(亡くなった方)の財産の維持や増加について、特別の寄与(貢献)をした人に対して、その分を法定相続分に上乗せすることを認める制度です。 特別の寄与とは、例えば、被相続人の事業などに対して労務の提供や財産の給付を行っていたり、被相続人の療養看護などに努めるな...
遺言書

遺言書の種類と特徴について~普通方式の遺言書は3種類

遺言には、大きく分けて2種類のものがあります。 それは、『普通方式』と『特別方式』です。 民法では普通方式として『自筆証書遺言』『公正証書遺言』『秘密証書遺言』の3種類と、特別方式遺言を定めています。 なお、特別遺言方式については、一般的な生活をされている方はまず使うことがありませ...
相続の知識

非嫡出子(婚外子)にも相続権はあるのですか?

相続に伴って相続人が財産を譲り受ける割合については、民法で定められています。 以前は、同じ子であっても嫡出子(婚姻関係にある夫婦の子)と非嫡出子(婚姻関係にない男女の子)では、相続分が異なっていました(非嫡出子は嫡出子の2分の1)。 しかし、民法の非嫡出子の相続割合に関する民法が改正され...
相続の知識

相続における遺産分割協議とは?

被相続人(亡くなった方)の遺産は法律の理屈上、亡くなった瞬間に法定相続人の共有財産となります。 そのため、その共有状態となっている遺産どのように分けるのかを、相続人間で話し合って決める必要があります。 民法には、法定相続分や遺留分といった遺産についての規定がありますが、相続人の全員が合意...
相続の知識

親と同居していた場合は特別受益にあたるのか

例えば、相続人の一人が親の持ち家に親と同居し、家賃に相当する額をその相続人が払っていなかったような場合、相続の際に、これを親からの特別受益と考えることはできるのでしょうか。 別居していた他の相続人からすれば、自分の家賃や住宅ローンの返済もすることなく、タダで親の家に住まわせてもらっていたのだか...
相続の知識

内縁(事実婚)の妻は遺産を相続できますか?

被相続人(亡くなった方)の財産を相続する相続人の中で、最も相続分の割合が大きいのは配偶者です。 また、相続において配偶者は常に相続人となります。相続税法上でも、配偶者控除などといった面で優遇されます。 ただし、ここでいう配偶者というのは、法律上の(役所に婚姻届を出している)妻や夫のことで...
相続手続き

相続人は遺産分割協議書を必ず作りましょう

相続人同士の関係が微妙な場合、面倒なことはできればやりたくない、といった理由から、遺産分割協議書を作成しないということがあります。 特に、相続人間でモメた末にやっと成立した遺産分割ほど、遺産分割協議書の作成を敬遠する傾向があります。 やっとのことで遺産分割協議を成立させたのに、そこであえ...
遺言書

認知症でも遺言書を作成することはできる?

遺言書を作成するうえでの基本的な大前提として、まず本人に遺言能力があるのかどうかが問題となってきます。 つまり、自分の意思でしっかり遺言ができるのかどうか、ということです。 まったく自分の判断で遺言ができないような場合、たとえ遺言書を作成しても無効となってしまう可能性があります。 ...
相続税・贈与

遺産分割協議がまとまらない場合の相続税の納税は?

相続税の納税は、申告期限(被相続人が死亡してから10か月以内)までに現金で一括納付するのが原則です。それを超えてしまうと延滞税などが課せられることになります。 しかし、この申告期限内に遺産分割協議がまとまらない場合には、相続人の誰がどの財産を相続するのかが確定していませんから、各自の相続税額を...
相続の知識

親名義の土地に自分名義の建物がある場合の相続は?

親名義の土地に相続人の一人が家を建てているというのは、よくある話で決して珍しいことではありません。 このようなケースでは多くの場合、地代を支払わず親から土地を無償で提供されていることがほとんどです。 このような状態を、法律上は使用貸借(無償で不動産などを貸し借りしていること)といいます。...
相続の知識

相続における特別受益とは?~相続財産の前渡し

被相続人(亡くなった人)が生前に、被相続人から特別の利益を受けていた相続人がいる場合、遺産分割の際に他の相続人からすれば、当然不公平だと感じるでしょう。 この不公平を是正して、それぞれの相続分を決めましょうというのが、特別受益の制度です。 例えば、被相続人の生前、長男だけが自宅を購入する...
相続税・贈与

不動産投資による相続税の節税対策は慎重に~リスクも考慮する

平成27年から相続税の基礎控除額が引き下げられ、相続税の課税対象者が増えていると言われています。 特に、地価の高い都市部に不動産を所有しているような場合には、かなりの割合が相続税の課税対象となる可能性があります。 そうしたことから、相続税の節税対策のための選択肢として、不動産投資を検討し...
相続手続き

遺産分割協議書を偽造するとどうなりますか?

もし、相続人の中の一人が、遺産分割協議書を偽造・変造して相続手続きを行ってしまった場合、一体どうなるのでしょうか。 もちろん、そのような行為がもし発覚すれば、偽造・変造された遺産分割協議書は当然無効となります。 また、偽造した相続人には、当然のことながら厳しいペナルティが待っています。 ...
遺言書

ビデオ録画や録音の音声は遺言として有効?

近年は、ビデオカメラや録音機器もかなり安価で手に入るようになり、手軽に録画や録音を楽しむことができるようになりました。 また、携帯電話やスマートフォン、タブレットなどでも手軽に動画を撮ったりすることができるようになっています。 そうした便利な機能を利用して、相続人に対する遺言やメッセージ...
遺言書

遺言書に有効期限や時効はある?~10年以上前の遺言書でも有効?

遺産分割の手続きも終わり、相続人がほっと一息ついた後に、遺品を整理していたら亡くなった父がずっと昔に書いた遺言書が出てきた、というケースもあります。 相続人からすれば、すでに遺産の分配も決まって手続きまで行ったところで、ひょっこり遺言書が出てきたら困ることもあるでしょう。 しかも、ずっと...
相続手続き

戸籍謄本と戸籍抄本、相続手続きに必要なのはどちら?

通常の相続手続きでは、相続人を確定、確認するために被相続人(亡くなった方)や相続人の戸籍が必要となります。被相続人のものは出生時から死亡時まですべての戸籍です。 そして、戸籍には戸籍謄本と戸籍抄本があります。 ちなみに、現在は戸籍謄本、戸籍抄本というのは正式名称ではありません。 戸...
相続手続き

少額預金口座の相続手続きは?~簡易な相続手続き

金融機関での名義変更や解約といった相続手続きでは、一般的に最低限、次のような書類などが必要となります(金融機関により異なります)。 被相続人の出生から亡くなるまでの戸籍 相続人全員の印鑑証明書(3~6か月以内に発行されたもの) 遺産分割協議書または金融機関所定の手続き依頼書...
相続手続き

遺産分割協議中の固定資産税は誰が負担する?

遺産の中に不動産がある場合、相続手続きや遺産分割協議が長引いてくると、被相続人(亡くなった人)名義で固定資産税の納付書が届くことがあります。 固定資産税は毎年1月1日時点の土地登記簿、建物登記簿、固定資産補充課税台帳に登記、登録されている所有者に課税されるものです。 そして、固定資産税は...