当事務所の相続・遺言書専門サイト【埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com|行政書士鈴木法務事務所】はこちらから

事実婚を選択すると相続では損になる?~メリットとデメリット

よくわかる相続と遺言書のマニュアル|埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所 相続の知識
執筆時の情報等には万全を期していますが、その後の法改正等によりコンテンツの内容がすでに古くなっていることがあります。随時最新の情報へメンテナンスは行っていますが、修正加筆等が遅れる場合もあります。その点をご了承のうえ参考情報としてお役立てください。

事実婚というのは、いわゆる内縁関係(婚姻届を提出していなくても夫婦同様の生活を営んでいること)です。

日本では事実婚のカップルが増えているとはいえ、まだまだ少数派といえます。

欧米各国の中には事実婚が一般的となっている国もあり、特にフランスでは事実婚を選択するカップルが、かなりの割合を占めています。

これは、一定の手続き(PACS)をとることで、税制面や社会保障面などにおいても、婚姻関係の夫婦と同様の扱いとされる制度があるためです。

また、カトリック教徒などは宗教上、そもそも離婚というものが認められていないこともあり、事実婚という形をとるケースも少なくありません。

一方、日本ではフランスのような制度はありません。そのため、法律上の婚姻関係となるかどうかで、生活上においても相続という場面においても、取り巻く環境は大きく異なってきます。

日本における事実婚の主なメリット・デメリット

まず、事実婚のメリットとしては、主に次のようなことが考えられます。

事実婚の主なメリット

  • 夫婦別姓で生活することができる
  • 各種の名義変更などの手間がない
  • 別れても離婚という事実が残らない(戸籍に記載されない)

事実婚の主なデメリット

逆に、事実婚を選択した場合の主なデメリットは、次のようなことが考えられます。

  • 社会的な信用面で不利になることがある
  • 配偶者控除などを受けることができない
  • 住宅ローンを組む場合に審査が通りにくくなることがある
  • 生命保険の受取人となれない場合がある
  • 子どもが非嫡出子ということになり、親と姓が異なってしまう
  • 配偶者の法定相続人となることができない

事実婚を選択した場合の相続で注意すべきこと

上記のように、事実婚を選択した場合には生活面や税金面などで不利になること、不都合なことが多々生じてきてしまいます。

そして、ここでは特に相続という面での注意点や、準備しておいた方がよいことなどを解説していきたいと思います。

事実婚の配偶者は法定相続人となることができない

日本の民法で規定されている『配偶者』というのは、あくまでも婚姻関係にある配偶者ということが前提となっています。

そのため、もし事実婚の夫婦のどちらかが亡くなってしまった場合、残された方は法定相続人となることができません。

どれだけ長年にわたって事実婚を続けてきたとしても、パートナーの遺産を相続する権利は原則として生じないということになります。

さらに、もし相続財産の中に不動産がある場合、法定相続人が不動産を相続する際には不動産取得税は課税されませんが、遺贈で不動産を取得した場合については、不動産取得税が課税されます。

相続税や生前贈与などで、配偶者のみが優遇されている各種の控除(相続税の配偶者控除、贈与税の配偶者控除など)も適用できないものがほとんどです。

ただし、事実婚であっても二人の間に父親から認知されている子がいれば、その子については法定相続人となります。

事実婚の配偶者に財産を残したい場合は

前述の通り、事実婚の配偶者は法定相続人となることができません。

そこで重要となるのが『遺言書』です。

遺言書では、『遺贈』という形で法定相続人以外の人に財産を残す意思を示すことができます。

事実婚の配偶者については、遺言書を作成しておくことが必須ともいえますので、事実婚を選択した場合には、必ず遺言書を作成しておきましょう。

一定の法定相続人には遺留分があることも留意しておく

相続では、被相続人(亡くなった方)の兄弟姉妹以外の法定相続人に、遺留分を取得できる権利が定められています。

そのため、もし被相続人が亡くなった時点で、被相続人の父母が存命である場合には、仮に全財産を事実婚の配偶者に遺贈する内容の遺言書があったとしても、遺留分減殺請求を受ける可能性があります。

そうした点も留意しておく必要はあります。

生前贈与で事実婚のパートナーに財産を残すことも

遺言書による遺贈のほかに、パートナーに対して財産を残す方法としては、生前贈与を利用することも考えられます。

生前贈与については、年間110万円までの贈与は非課税となるため、早めに取り組んでおくことで相続対策、また相続税対策にもなります。

事実婚に関する契約書を作成して『法律婚に近い』事実婚も

事実婚というのは法律上の婚姻関係とは異なり、生活面で様々な不都合が生じることがあります。

そこで、より『法律婚に近い形』とするために、『事実婚に関する契約書』をあらかじめ作成しておくという方法も考えられるでしょう。

取り決める内容の一例としては、もし夫婦の一方が不貞行為などにおよんでしまった場合の損害賠償請求に関することや、医療行為に対する同意権、保険の受取人に関することなどです。

こうした契約書をあらかじめ作成しておくことで、より法律婚に近い関係性を築くことができるようになり、デメリットもある程度は解消できるかもしれません。

事実婚を選択した場合の注意点まとめ

事実婚の配偶者は、現行の民法上では『配偶者』として定義されていません。

現状は生活面、税制面で各種の優遇措置が受けられないことなど、様々な点でデメリットが多いことも考慮しておく必要があります。

そして、事実婚の配偶者は法定相続人となることができません。そのため、事実婚のパートナーに遺産を残したい場合には、遺言書を作成しておきましょう。

ただし、一定の法定相続人(父母)には、遺留分を請求する権利(遺留分減殺請求権)があります。その点も留意しておく必要があります。

また、非課税枠内で早めに生前贈与を行い、パートナーに財産を渡しておくことも相続対策、相続税対策として有効な方法として考えられます。

さらに、より法律婚に近い形での事実婚とする方法として、あらかじめ事実婚に関する契約書を作成しておくことも検討しておくとよいでしょう。

当事務所では相続や遺言書についての相談を承っております。疑問点や不安なことなどがあれば、お気軽にご相談ください。

相続の知識
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。
【事務所】〒350-1163 埼玉県川越市四都野台21-20 2F
【TEL】049-293-1091(10:00~19:00)

よろしければフォローしてください

相続や遺言書などに関連する最新の情報は埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blogで随時更新中です。こちらの記事もぜひご参照ください。

シェアしていただくと嬉しいです!
よろしければフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル
タイトルとURLをコピーしました