当事務所の相続・遺言書専門サイト【埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com|行政書士鈴木法務事務所】はこちらから

香典は誰のもの?~香典は相続財産には含まれる?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル|埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所 相続の知識

身内が亡くなって葬儀を執り行う際に、一般的に参列者から『香典』をいただくといった慣習があります。

香典の意味合いとしては、参列者が故人に対して供物の代わりに差し上げるといったことや、葬儀の金銭的な負担を少しでも軽減してもらいたい、という気持ちが込められているものです。

近年は、比較的小さな規模の葬式を希望される方が多いのですが、通常の葬儀においては参列者も多くなることがあり、香典も多額となる場合があります。

では、この香典に関しては、相続においてどのように取り扱われるものなのでしょうか。

香典は相続財産?法的な意味合いは?

実は、この香典の扱いについて、法律には何も規定がありません。

ただし、香典の意味合いとしては、遺族の経済的負担を少しでも軽減してもらうためのもの、という目的がありますから、参列者から祭祀主宰者(喪主)や遺族への贈与と考えられています。

つまり、被相続人(亡くなった方)の相続財産ではないため、遺産分割(相続人間で遺産を分けること)で考慮される財産の対象にはなりません。

なお、相続税法上においては、葬儀費用は申告財産額から控除することができます。

香典はどのように使うのが適切なのか

先述のとおり、香典には遺族の負担などを少しでも軽減してもらうための参列者の気持ち、という意味合いがあります。

ですから、まずは祭祀主宰者(喪主)が葬儀費用に充当する、そしてもし残額が出れば、後の法要などに用いる、というのが適切な使い方となるでしょう。

もっとも、どのような使い方をすべきなのか、といったことは法律では何も規定されていません。ですから、被相続人のために他の何らかの形で使う、ということも可能ではあります。

香典に関するトラブルも少なくない

上記のように、香典というのは祭祀主宰者(喪主)が葬儀費用に充当したり、後の法要などに用いるといったことが一般的ではあります。

しかし、香典というのは現金であるだけに、相続人間でトラブルとなる事例もあります。

例えば、祭祀主宰者(喪主)が香典をきちんと管理して適切に使っていても、その使途について疑惑をもつ相続人が出てくる場合があるのです。

特に、相続人間の関係があまり良好ではないといった状況で多いのですが、喪主が香典を着服したのではないか、などといったことを追及してきたりする方もいます。

そのようなことで『香典トラブル』に発展してしまうことも少なくありません。

『香典トラブル』を回避するためには

そうしたトラブルを防ぐためには、やはり香典の収入や支出といったものを、出納帳などといった形できちんと記録して整えておくことでしょう。

領収証などの管理も含め、他の相続人から使い道を問いただされた場合にも、きちんと開示できるようにしておくことが最善の策といえます。

祭祀主宰者(喪主)にとっては頭の痛いこと、負担になることかもしれません。しかし、その後も相続人間での遺産分割協議など、相続人間で話し合う機会が控えています。

遺産分割をスムーズに進めるためにも、まずはこのような問題でトラブルが起きないよう、香典の使途などについては、いつでもオープンにできるよう準備しておきましょう。

相続の知識
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。
【事務所】〒350-1163 埼玉県川越市四都野台21-20 2F
【TEL】049-293-1091(10:00~19:00)

よろしければフォローしてください

相続や遺言書などに関連する最新の情報は埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blogで随時更新中です。こちらの記事もぜひご参照ください。

シェアしていただくと嬉しいです!
よろしければフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル