当事務所の相続・遺言書専門サイト【埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com|行政書士鈴木法務事務所】はこちらから

被相続人の携帯電話の相続手続き(名義変更・解約)

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 相続手続き
執筆時の情報等には万全を期していますが、その後の法改正等によりコンテンツの内容がすでに古くなっていることがあります。随時最新の情報へメンテナンスは行っていますが、修正加筆等が遅れる場合もあります。その点をご了承のうえ参考情報としてお役立てください。

昨今は老若男女を問わず、携帯電話をもっていることは決して珍しくありません。むしろ、携帯電話を持っていないケースの方が少ないともいえるでしょう。

もし被相続人(亡くなった方)名義の携帯電話が残されている場合には、契約者が死亡したことによる手続きが必要となります。

手続きとしては、名義変更(承継)手続き、あるいは解約という方法をとることになります。

携帯電話の手続きに必要な書類等、注意点などは以下の通りです。

携帯電話の手続きに必要な書類など

現在は様々な携帯電話会社がありますが、おおむね以下のような書類が必要となります。

大手キャリア3社(NTTドコモ、au、SoftBank)に関しては、それぞれのショップで手続きを行います。

名義変更(承継)手続きに必要となる主な書類等

名義変更(承継)の場合、文字通り被相続人名義から他の家族などへ変更する手続きとなります。

  • 被相続人の死亡を証明する書類(戸籍謄本・戸籍抄本、住民票の除票など)
  • 新たに契約者となる人の身分証明(運転免許証、パスポートなど)
  • 新たに契約者となる人の料金支払い方法に必要なもの(クレジットカード、預金通帳と印鑑など)

解約手続きに必要となる主な書類等

携帯電話回線契約そのものを解約する手続きです。

  • 被相続人の死亡を証明する書類(戸籍謄本・戸籍抄本、住民票の除票など)
  • 携帯電話に挿入されているSIMカードなど
    ※とても小さなカードなので、紛失しないよう携帯電話本体をそのまま持参するのが無難です
  • 手続きを行う人の身分証明(運転免許証、パスポートなど)

手続きに伴う主な注意点など

名義変更(承継)の場合には、機種本体や電話番号はそのまま利用できます。

しかし解約の場合は契約そのものを解除することになるため、電話番号も使えなくなります(ナンバーポータビリティで電話番号を持ち出すことは可能)。

携帯電話会社によって様々な料金プランが設定されていますが、契約者の名義変更(承継)や解約を行うことにより、各種の割引プラン設定などに影響することもあります。

手続きの際はその点もしっかり確認しましょう。

解約の場合、契約者が亡くなっていても、手続きを行った日までの基本料金や有料サービスなどの料金はかかりますので、早めに手続きを行う必要があります。

また、機種本体代金を分割払いで購入していて、まだ払い終えていない場合には、残金の清算が必要となります。

名義変更(承継)、契約者死亡に伴う解約については、事務手数料などの料金はかからない会社がほとんどです。

この点は契約している会社により異なる場合がありますので、直接問い合わせて確認しましょう。

なお、上記の必要書類等については一般的なものです。

契約している携帯電話会社によっては、他に必要となる書類等がある場合があります。二度手間とならないよう、こちらも契約している各携帯電話会社へ直接確認するようにしてください。

大手キャリア3社の手続き方法について(参考)

大手キャリア3社の手続きについては、以下のリンクから手続き方法などが確認できますのでご参照ください。

参考ご契約者の死亡による承継または解約|NTTドコモ

参考契約者死亡による名義変更(承継)|au

参考契約者死亡による解約|au

参考契約者死亡による承継の手続き|SoftBank

参考契約者死亡による解約の手続き|SoftBank

相続手続き
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。
【事務所】〒350-1163 埼玉県川越市四都野台21-20 2F
【TEL】049-293-1091(10:00~19:00)

よろしければフォローしてください

相続や遺言書などに関連する最新の情報は埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blogで随時更新中です。こちらの記事もぜひご参照ください。

シェアしていただくと嬉しいです!
よろしければフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル
タイトルとURLをコピーしました